事業融資の返済・事業資金の調達

「商売のための資金を調達がしたいが融資が下りない」

「事業用に借りた融資の返済が辛い」

「お店や工場を手放してしまうと事業が継続できない」…など

 

そんな方は、リースバックをご活用ください!

リースバックであれば、工場や倉庫、店舗事務所などのご所有不動産を一旦売却していただき、売却した後、その不動産をリース契約して頂き、それまでと同様に継続してご利用いただけます。

不動産を売却した代金は、基本的にご自由に活用することができ、事業資金や運転資金の確保や借入返済に充てていただくことが可能です。また、将来的に売却した不動産を買い戻していただくことも可能です。

あなたの大切な不動産、リースバックなら売却後も継続して使用できます。

リースバックとは…

日本再生支援機構のリースバックは、老後資金が心配…相続問題を避けたい…まとまった資金が必要…事業所として登録しているため移転できない…これらの理由などで今の家に住み続けていたい、事務所を利用していたいけど、知人で買い受けてくれる人がいない。または長期借入金の返済が苦しいから、売却して賃貸として今までの本社を継続して利用していきたいなど…

 リースバックとは、買受支援者へ不動産を売却して、賃料を支払う事で継続して不動産を利用できる有効な解決手法です。将来的にはリースバック終了後に買い戻し優先権にて不動産を買い戻すことも可能です。不動産が債務超過やオーバーローンをしている場合でも任意売却を併用する事で、リースバックが可能になります。住宅ローン滞納、競売、任意売却しても今の家に住み続けていたい方は是非ともリースバックをご利用ください。

詳しくはこちら

事業用リースバックのメリット

ここからは、事業資金調達のためのリースバックに限定して考えていきます。

 

リースバックのメリット

  • 不動産売却によって手元にまとまった資金が集まる

  • 売却しても以前と変わらず使用ができる

  • 財務面、経理面でスマートになる

  • 資金繰りに苦しんでいることを従業員や近隣に悟られにくい

  • リースバック専門会社に任せれば売却先が見つかりやすい

 

この五つのメリットを順にご説明いたします。

 

不動産売却によって手元にまとまった資金が集まる

不動産売却によってまとまった資金が手元に入る。これがリースバックの最大の魅力です。

もちろんこの場合のまとまった資金とは「不動産の売却価格」ということになります。ほとんど値がつかない物件なら売却金額も少なくなりますが、高額で売却できる物件なら一気に資金繰りの悩みから開放されます。

 

基本的に、売却によって手にしたお金の使い道に制限はありません。この点もリースバックの利点です。

 

売却しても以前と変わらず使用ができる

売却したら工場や会社の建物を明け渡さないといけないわけではありません、売却後も継続使用できる。これも大きなメリットです。

資金調達のためにリースバックを利用しても、従業員たちは何も不安や不便を感じることなく働き続けることができます。移転に伴う負担がなく、しかもまとまった資金が手に入るというこの2点だけ見ても、リースバックの利点は明確です。

 

財務面、経理面でスマートになる

リースバックを活用することで、財務面がいくらかスマートになります。また、リースバックによってROAが改善します。

 

ROA(総資産利益率)とは、Return On Assetsの略称であり、会社の収益性を測る財務指標の一つです。

企業は債権者と株主から得た資金を企業の活動に投入します。資金の運用形態であるすべての資産から、経常的な企業活動を通じてどのくらいの利益を計上したかを示しています。

また、所有からリース(賃貸)に変更することで、経理面での煩わしさが軽減します。不動産を所有していると「減価償却」「固定資産税」など変動が伴う費用の処理で頭を悩ませることになりますが、リースなら基本的に定額払いなので経理上も楽に、そして経営的にも今後必要となる経費を予想しやすくなります。

 

資金繰りに苦しんでいることを従業員や近隣に悟られにくい

リースバックを活用すれば、不動産を売却することによって立ち退く必要がありません。また、一般的に広く募集して買い手を探すわけではないので、近隣や取引先に「あの会社、苦しいんだろうな・・・」と悟られずに済みます。

これがもし会社の敷地に「売出し中」と看板を出したり広告を出して公募したりすると、みんなに会社の現状を探られてしまいます。

自分であちこちに声をかけてまわらなくても、リースバックを支援している会社がありますので、そこに任せれば安心です。

 

リースバック専門会社に任せれば売却先が見つかりやすい

リースバックは、「不動産の買い手が見つかること」が前提となります。

「不動産を売却しようと思っても、なかなか買い手が付かなかったらどうしよう・・・」という心配は不要です。リースバックを支援している会社に依頼すれば、その会社が買い取ってくれます。あるいは、売却先を見つける点でサポートしてくれます。

 

基本的には、売却できる不動産を持っていればリースバックは活用できるんです。

会社の事務所、工場などをリースバックすることもできれば、経営者自身の住まいをリースバックすることもできます。

 

経営者自身の住まいをリースバックするメリット

  • まとまった資金が手に入る

  • 家族は引越し不要で、子どもは転校しなくてもよい

  • 将来的に買い戻すこともできる

 

自宅を通してまとまった資金が手に入るのはもちろんのこと、家族に引っ越しや学区が変わるなどの不便を感じさせずに済みます。また、自分や子どもが将来的に「やっぱり家を自分たちの資産にしたい」と思って資金の目処が立てば買い戻す道も残されています。

リースバック 画像.jpg

相談のタイミング

一本の電話であなたの悩みが解決するかもしれません!!

ご相談は無料です。一人で悩まずに一度、私たちに悩みを打ち明けてみませんか?

所有する不動産を売却した後で、新しい所有主と賃貸借契約を締結し、引き続きその不動産を利用することができる仕組みがリースバックです。

不動産売却による資金調達を可能としながらも、同じ家に住み続けることができる点が大きなメリットですが、対象となる不動産は一戸建てやマンションなどの住宅に限らず、オフィスや店舗、倉庫などでも可能です。

また、個人だけでなく法人も活用できる資金調達の方法であり、資金用途にも制限はないので、個人が住宅ローンの返済や老後資金の蓄えとして利用することもできますし、法人が事業資金や設備投資を調達するために活用することも可能となっています。

日本再生支援機構では不動産担保融資対象外の地域の方や担保不足の方の為にさまざまな提案で安定した事業継続ができるように努力します

至急あなた自身が行動を起こすべきです。日本再生支援機構へご相談ください。

​任意売却・リースバック・親子間売買等

実際に手がけた実例をご紹介します。

 実情をしっかりと把握し、内容とご希望に沿った解決方法をご提案し、問題解決のお手伝いをさせていただくのが当社の役割です。

 住宅ローンでお困りの方は、是非下記よりご一読いただき参考としていただければと思います。

夫が所有の不動産
妻が購入
離婚 親族間売買
神奈川県
自宅にこだわりは無いが、
転居費用の捻出ができない
任意売却 千葉県
年老いた親がいるので
​引越ができない
リースバック 大阪府
子供に自宅を売却し
​競売回避
親子間売買 広島県
リースバック物件の
​買戻し
リースバック 愛知県

当社は個人情報の保護に取り組んでいます。

​お問合せの際は、必ず当機構サイトの「プライバシーポリシー」をご一読いただき、同意の上ご利用ください。

  • facebook
  • Twitter

お気軽にご相談下さい。

メール問合せ グレー
フリーコール 青

Copyright © 日本再生支援機構 All Rights Reserved. 【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載などを禁じます】