ご相談とご依頼方法

ご相談方法について

「借金や住宅ローンを滞納してる事を他人に話すなんて、恥ずかしい…怖い…」とお考えですか?

 

長引いた不況のせいで、住宅ローンの返済に行き詰まってしまう人が増えています。それに伴い、電話相談の数も日々増加しています。正確な回答を差し上げるためにも、ご相談いただく前に下記をご一読ください。

【ご相談方法】
1.日本全国対応、フリーダイヤルですのでお気軽にお電話ください。
2.FAX・メールは24時間対応しております。
3.ご相談・ご依頼はもちろん無料です。

 

■日本再生支援機構からの3つのお約束
1.相談料・成功報酬など、持ち出しは一切ございません。
2.残債の処理・引越代に関して親切丁寧にアドバイスいたします。
3.金融機関・職場・近隣などへの秘密厳守。電話勧誘などは行いません。

ご用意していただきたい書類

■コピーをご用意いただく必要書類 ※不足・紛失の場合は、後日のご準備でもかまいません。
・物件の売買契約書および重要事項説明書(購入時のもの)
・物件のパンフレット、販売図面、設計図面など(間取り図などがわかるもの)
・登記済権利証(登記識別情報が発行されている場合を除く)
・住宅ローン借入れ先などから送付された書類(催告書、督促状など原則としてすべての書類)
・土地および建物の評価証明書
・固定資産税および都市計画税の納付書

■原本をご用意いただく必要書類
・ご本人の印鑑証明書

■お渡しする書類にご記入、署名押印をしていただく必要書類
・専任媒介契約書(または専属専任媒介契約書)
・委任状
・任意売却に関する申出書
・抵当権抹消応諾申請書
・実査チェックシート(戸建用、マンション用)
・生活状況申出書
・マンション現状報告書

■その他
※マンションの場合は管理会社名およびその連絡先をお知らせください。
※遠隔地の場合には、物件の写真を撮影のうえ専任アドバイザーまでお送りいただく場合もございます。
その際、デジタルカメラで撮影したものをメールに添付していただく場合もございます。
(外観写真2~3枚、各居室、キッチン、バスルーム、トイレ、バルコニーなど)

可能な限り具体的なご案内を心がけておりますが、物件及び名義人の方の債務状況に関する情報をいただいていない段階では、お答えできる内容もおのずと限られてしまいます。より正確な見通しをお聞きになりたい方は、上記書類等をご用意いただいた上でお電話ください。

少しでもお悩みがあれば、お電話にてご相談ください。あなたと同じ問題を抱えていた多くの方々が、

悩みを解決されました。

リースバック 画像.jpg

当社は個人情報の保護に取り組んでいます。

​お問合せの際は、必ず当機構サイトの「プライバシーポリシー」をご一読いただき、同意の上ご利用ください。

  • facebook
  • Twitter

お気軽にご相談下さい。

メール問合せ グレー
フリーコール 青

Copyright © 日本再生支援機構 All Rights Reserved. 【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載などを禁じます】