売却後も愛着のあるマイホームに
住み続けることが出来ます!!

 

日本再生支援機構の

 

リースバック

 

住宅ローンの支払や

税金の支払

老後資金や相続対策

​事業資金へ

売却金の使い道は自由

​買戻しも可能

売却後も自宅に住み続けたい方、日本再生支援機構にお任せ下さい

 

一般的な不動産売却では、売却後はご自宅を手放し、転居(新居の購入や賃貸に引越し)しなければなりません。リースバックを利用する事で、売却後も転居をせずに住み慣れたご自宅に住み続けることができます。

賃貸で住むことで固定資産税などの維持費の負担がなくなります。将来的には再度購入をすることも可能です。

​リースバックなら自宅を売却しても住み続けられます。

所有する不動産を売却した後に、その物件を購入者から改めて借り受けることをリースバックといいます。
日本再生支援機構の勧める債務整理手法の一つです。子供の学校の学校区を変えたくないから引越したくない…
高齢の父母と同居しているので引越は避けたい…事業所として登録しているため移転できない…等など
住宅ローン滞納、競売、任意売却しても今の家に住み続けていたい方は是非ともリースバックをご利用ください。

任意売却をして、自宅に住み続ける!!

日本再生支援機構のリースバックは、子供の学校の学校区を変えたくないから引越したくない…高齢の父母と同居しているので引越は避けたい…事業所として登録しているため移転できない…これらの理由などで今の家に住み続けていたい、事務所を利用していたいけど、知人で買い受けてくれる人がいない。または長期借入金の返済が苦しいから、売却して賃貸として今までの本社を継続して利用していきたいなど…
 リースバックとは、買受支援者へ不動産を売却して、賃料を支払う事で継続して不動産を利用できる有効な解決手法です。将来的にはリースバック終了後に買い戻し優先権にて不動産を買い戻すことも可能です。不動産が債務超過やオーバーローンをしている場合でも任意売却を併用する事で、リースバックが可能になります。住宅ローン滞納、競売、任意売却しても今の家に住み続けていたい方は是非ともリースバックをご利用ください。

任意売却って??

任意売却とは、住宅ローンを滞納してしまったり、借入金が返済不能になってしまった場合に有効な解決手法の一つです。
競売だと、所有者の意思に関係なく強制的に売却が進んで行きますが、任意売却は競売開札になる前に、所有者の意志(任意)を反映させて進める事が可能です。
知人に買ってもらいたいという場合や、住み続けたい場合、引越日に関して相談に乗ってほしいという場合などにも柔軟に対応する事が出来ます。
 ただし、通常の不動産取引とは異なり債権者の合意が必要です。
債権者としても、競売は手続きに時間がかかることや、実勢価格より回収額が低い可能性が高いなどの理由から、任意売却を選択するケースが増えてます。
任意売却では、売却代金の中から住宅ローンの他に税金(固定資産税、住民税等)の滞納や管理費等の滞納などの清算も出来ますし、諸費用なども認めてもらえます。

もっと詳しく知りたい方はコチラ

リースバックとは、任意売却の発展系です!!

 日本再生支援機構のリースバックは、子供の学校の学校区を変えたくないから引越したくない…高齢の父母と同居しているので引越は避けたい…事業所として登録しているため移転できない…これらの理由などで今の家に住み続けていたい、事務所を利用していたいけど、知人で買い受けてくれる人がいない。または長期借入金の返済が苦しいから、売却して賃貸として今までの本社を継続して利用していきたいなど…
 リースバックとは、買受支援者へ不動産を売却して、賃料を支払う事で継続して不動産を利用できる有効な解決手法です。将来的にはリースバック終了後に買い戻し優先権にて不動産を買い戻すことも可能です。不動産が債務超過やオーバーローンをしている場合でも任意売却を併用する事で、リースバックが可能になります。住宅ローン滞納、競売、任意売却しても今の家に住み続けていたい方は是非ともリースバックをご利用ください。

リースバックとは??

図1リースバック

任意売却の発展系となるリースバックは、信頼できる第三者(投資会社・一般投資家など)を「買い手」として見つけ、家を借りるという形態になります。

  • 子供の学校の学区域を変えられないから引越できない。

  • 事業所として登録しているため移転できない。

  • これらの理由などで今の家に住み続けていたい。

  • 知人で買い受けてくれる人がいない。

リースバックを活用することで、「買い手」は大家さん、あなたはその大家さんに家賃を支払うことで住み続けることができます。 また、将来あなたの生活環境が好転したときに家を買い戻すことができます。債務が超過していても、任意売却と併用することでリースバックが可能です。

リースバックのメリット

日本再生支援機構のリースバックは、子供の学校の学校区を変えたくないから引越したくない…高齢の父母と同居しているので引越は避けたい…事業所として登録しているため移転できない…これらの理由などで今の家に住み続けていたい、事務所を利用していたいけど、知人で買い受けてくれる人がいない。または長期借入金の返済が苦しいから、売却して賃貸として今までの本社を継続して利用していきたいなど…
 リースバックとは、買受支援者へ不動産を売却して、賃料を支払う事で継続して不動産を利用できる有効な解決手法です。将来的にはリースバック終了後に買い戻し優先権にて不動産を買い戻すことも可能です。不動産が債務超過やオーバーローンをしている場合でも任意売却を併用する事で、リースバックが可能になります。住宅ローン滞納、競売、任意売却しても今の家に住み続けていたい方は是非ともリースバックをご利用ください。

Merit.1 将来的に買い戻す事が出来ます!!

セール&リースバックにした場合、元の所有者に買戻優先権がつきます。そのためリースバックが終了したあと、将来的に家計が好転したときに自宅を買い戻すことも可能です。

Merit.2 今まで通り、引越をせずに自宅に住み続けられます!!

リースバックは、信頼できる第三者の「買い手」(投資会社・一般投資家など)を見つけて、自宅の所有権を売却し、住宅ローンの債務を返済することになります。 所有権は変わりますが、賃貸として住み続けることができますので転居の必要がありません。生活環境を変わらず、子供の学校の学区域を変える必要もありません。

Merit.3 住宅ローンや固都税等の負担が無くなる為、家計の改善に集中できます!!

転居のコストがかからずに、住宅ローンもなくなるので家計の改善に集中することができます。
また、固定資産などは購入者(=投資家)といった第三者が管理することになるので固定資産税・火災保険・維持管理費・修繕費などの諸費用も削減することができます。

リースバックは任意売却の発展系です。通常の不動産取引以外に投資知識や投資経験が必要です。
年間400件以上の実績、豊富な投資家情報を持つ日本再生支援機構にお任せ下さい。

リースバック 画像.jpg

リースバック 相談のタイミング

一本の電話であなたの悩みが解決するかもしれません!!

ご相談は無料です。一人で悩まずに一度、私たちに悩みを打ち明けてみませんか?

不景気の続く日本の情勢の下、リストラや収入減が原因で、住宅ローンを返済できなくなる人が急増しています。
以前は、住宅ローン破綻者と言えば過度な浪費やギャンブルで多重債務に陥ってしまった人というイメージがありましたが、不況の続く現在の日本では状況は全く違います。今や住宅ローンの返済に困っている人は8人に1人と言われており、そのほとんどが、リストラや転職で収入が減った、自営業の業績が悪くなった、病気で働けなくなった、離婚などで家族構成が変化し、生活収支が変わったなど、やむをえない事情で住宅ローン滞納におちいっているのです。
このような社会情勢は、金融機関もよく分かっていますので、ローンを残したまま住宅を売却をする(= 任意売却)の相談には比較的柔軟に応じてくれます。

至急あなた自身が行動を起こすべきです。日本再生支援機構へご相談ください。

​任意売却・リースバック・親子間売買等

実際に手がけた実例をご紹介します。

 実情をしっかりと把握し、内容とご希望に沿った解決方法をご提案し、問題解決のお手伝いをさせていただくのが当社の役割です。

 住宅ローンでお困りの方は、是非下記よりご一読いただき参考としていただければと思います。

夫が所有の不動産
妻が購入
離婚 親族間売買
神奈川県
自宅にこだわりは無いが、
転居費用の捻出ができない
任意売却 千葉県
年老いた親がいるので
​引越ができない
リースバック 大阪府
子供に自宅を売却し
​競売回避
親子間売買 広島県
リースバック物件の
​買戻し
リースバック 愛知県

当社は個人情報の保護に取り組んでいます。

​お問合せの際は、必ず当機構サイトの「プライバシーポリシー」をご一読いただき、同意の上ご利用ください。

  • facebook
  • Twitter

お気軽にご相談下さい。

メール問合せ グレー
フリーコール 青

Copyright © 日本再生支援機構 All Rights Reserved. 【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載などを禁じます】