老後の貯蓄が足りない!そんな時は…

老後に必要な貯蓄額をご存知ですか?
ごく一般的な暮らしを望むなら最低でも2000〜3000万円は必要と言われています。もしもあなたの貯蓄額が不足しているのであればなにか手立てを考えなければなりません。
あなたならどうやってお金を工面するでしょうか?
いきなり2000万円以上のお金を工面するのは困難だと思うかもしれませんが、
諦める必要は全くありません。
・老後を一定以上の生活水準で送りたいが資金が足りない
・既にある程度の資金はあるが更に良い暮らしを臨みたい、

・まとまったお金が必要
・老後が心配で早くから対策をしたい
そんな悩みを解決する方法を解説していきます。
この機会に勉強して充実した老後を手に入れましょう!

制約の多いリバースモーゲージより、リースバック・親子間売買の方が有利です。

リバースモーゲージとは…

国や銀行が用意した担保型年金の一種です。自宅や不動産を担保にすることである一定以下の金額をいつでも借りることが出来ます。

リバースモーゲージとは不動産を担保に資金を調達する制度です。まず自分の所有する不動産の評価額を調べ、その評価額を基準に一定額以下の金額ならいつでも何度でも借りることができます。基本的にはリバースモーゲージの限度額は家の評価額の50〜70%とされています。
つまり1000万円と評価された不動産を所有していれば、それを担保に500万〜700万円の枠が用意されてその金額内であればいつでも借りることができるのです。不動産担保ローンと同じように聞こえますが一つ大きな違いがあります。

 それは生きている間に返済する義務がないという点です。契約者(自分)の死亡後に担保不動産を売却することで返済することができます。
生きている間に現金で返済する必要が無いので金銭的な不安を抱えたまま老後を過ごさなくて済みます

 

リバースモーゲージの問題点

【1】債務者の長生きリスク

 通常、リバースモーゲージは債務者である年配者の死亡後に不動産を売却して債務回収することを予定していますが、予定どおりにならない場合があります。
 銀行や自治体は、何十年も債務者の死亡を待ってくれるわけではありません。債務額が不動産の評価額を超えてしまい、担保割れする可能性があるためです。
 そこで、たとえば20年など、リバースモーゲージには契約期間が定められているケースがあります。そのうえで、契約期間を超えて債務者が長生きした場合に問題が生じます。

 債権者側は、利息を含めた債務を一括で返済するように求めますが、高齢者である債務者には非常に難しいでしょう。返済できない場合は、債務回収のために抵当権が実行され、債務者は家を失うことになります。さらに、それまで受取っていた融資が停止され、生活費も確保できなくなる事態が発生しかねません。
 ただし、リバースモーゲージの融資期間を「終身」としている自治体や金融機関もあります。

【2】評価額の低下リスク

 リバースモーゲージ契約時の不動産価額に応じて、その後一定期間受取れる融資額が決められます。しかし、リバースモーゲージ契約期間中に不動産市場が低迷するなどして不動産評価額が下がれば、担保割れの危険が生じます。
債務回収の元手は不動産のみのため、債権者である金融機関や自治体は融資額を少なくしたり、場合によっては融資を停止したりするかもしれません。

【3】「土地」に対する融資である

 日本では不動産評価額のうち、「建物」部分はあまり評価されず、大部分は「土地」に準じて不動産評価額が決められます。そのため、リバースモーゲージは一軒家を自宅としている人が主な対象者となり、マンション住まいの場合は条件が厳しく設定されていることが多いようです。

【4】対象地域が狭い

 首都圏や関西地区限定、せいれいして

【5】家族の理解を得にくい

リバースモーゲージは、債務者死亡後の自宅売却を前提としているため、自宅を子どもや孫に残すという日本の文化には合わない面があります。そのため、家族の理解を得にくいという問題点もあげられます。

リースバックとは…

日本再生支援機構のリースバックは、老後資金が心配…相続問題を避けたい…まとまった資金が必要…事業所として登録しているため移転できない…これらの理由などで今の家に住み続けていたい、事務所を利用していたいけど、知人で買い受けてくれる人がいない。または長期借入金の返済が苦しいから、売却して賃貸として今までの本社を継続して利用していきたいなど…

 リースバックとは、買受支援者へ不動産を売却して、賃料を支払う事で継続して不動産を利用できる有効な解決手法です。将来的にはリースバック終了後に買い戻し優先権にて不動産を買い戻すことも可能です。不動産が債務超過やオーバーローンをしている場合でも任意売却を併用する事で、リースバックが可能になります。住宅ローン滞納、競売、任意売却しても今の家に住み続けていたい方は是非ともリースバックをご利用ください。

詳しくはこちら

親子間売買とは…

親子間売買は、その名のとおりご所有不動産をお子様または親族に売却しその売却金額を老後資金に充当させる手法です。然しながら親子間売買は取り扱ったことがない不動産業者が行うことは出来ません。現金があるならともかく、住宅ローンを借りるのであれば、それなりの経験がある不動産業者でないと結果が大きく変わってきます。大手都市銀行を含む金融機関の中には、不動産会社が売買契約書を作成し、一般的な不動産売買取引を行うことにより、住宅ローンの利用が可能になることもあります。また、親が新しい家を購入し、今まで住んでいた親の自宅を子が購入するとようなケースもありますが、その場合、親子間売買での売買価格については適正価格で行わなければなりません。親子間の売買での売買価格を、もし適正価格よりも安くしてしまうと、その安くした金額分に贈与税がかかってきます。私たちは、様々な経験に基づいた対応をさせていただいております。

詳しくはこちら

​それぞれの比較

リースバック、親子間売買とリバースモーゲージ。3つとも自宅に住み続けながら、現金を受け取る方法で、老後資金を得る方法として多くの方に活用されています。では、この3つは一体何が違うのでしょうか。

簡単にいうと、リースバックと親子間売買は『自宅を売却して現金を受け取り、売却後も家賃等を支払いながら引き続きそのまま住み続ける方法』です。一方、リバースモーゲージは『自宅を担保にしてお金を借り入れ、死亡後または契約期間終了後に自宅を売却して一括返済する方法』です。

つまり、受け取るお金が「売却代金」なのか「銀行からの借り入れ」なのかというのが大きな違いです。

リースバック 画像.jpg

老後資金問題 相談のタイミング

一本の電話であなたの悩みが解決するかもしれません!!

ご相談は無料です。一人で悩まずに一度、私たちに悩みを打ち明けてみませんか?

高齢化の進む日本では、ますます将来の年金や定年後の再雇用への不安が広がっています。老後生活への心配が増す中、その解決策の1つとして預金や保険、キャッシング(カードローン)などとともに「リバースモーゲージ」というシステムが、少しずつ注目され始めています。

リバースモーゲージとは「持ち家のある高齢者が、その家を担保に老後の生活費などを一時金または年金形式で借りられる貸付制度」のこと。リバースとは「逆」、モーゲージとは「抵当」を意味する英語です。一般に自治体が運営していたり、銀行などが金融商品として扱っています。しかしながらこのシステムはいろいろな制約がありまだまだ普及しているとはいえません、日本再生支援機構ではリバースモーゲージ対象外の地域の方や担保不足の方の為にさまざまな提案で安定した老後を過ごされるように努力します

至急あなた自身が行動を起こすべきです。日本再生支援機構へご相談ください。

​任意売却・リースバック・親子間売買等

実際に手がけた実例をご紹介します。

 実情をしっかりと把握し、内容とご希望に沿った解決方法をご提案し、問題解決のお手伝いをさせていただくのが当社の役割です。

 住宅ローンでお困りの方は、是非下記よりご一読いただき参考としていただければと思います。

夫が所有の不動産
妻が購入
離婚 親族間売買
神奈川県
自宅にこだわりは無いが、
転居費用の捻出ができない
任意売却 千葉県
年老いた親がいるので
​引越ができない
リースバック 大阪府
子供に自宅を売却し
​競売回避
親子間売買 広島県
リースバック物件の
​買戻し
リースバック 愛知県

当社は個人情報の保護に取り組んでいます。

​お問合せの際は、必ず当機構サイトの「プライバシーポリシー」をご一読いただき、同意の上ご利用ください。

  • facebook
  • Twitter

お気軽にご相談下さい。

メール問合せ グレー
フリーコール 青

Copyright © 日本再生支援機構 All Rights Reserved. 【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載などを禁じます】